贄の赤ずきんR15版

贄の赤ずきんR15版

※完全版はシェアウェアのR18版になります。 フリーのR15版は、R18版からレーティング的に問題がある箇所をカットしております。 シナリオカット、効果音差し替え、スチルにモザイクor白抜き等行っております。 そのため、意味不明になってしまった箇所もございます。 シリアスなシーンにそぐわない音が鳴ります。 気になる方はコンフィグで液体音のボリュームを0にして下さい。 以上のことを不快に感じる方はプレイをご遠慮ください。 【ストーリー】 魔力を得て魔女になると、その歳から成長が止まる。 主人公、リリア(名前変更可)の村の近くの森に住む魔女は、だいぶ歳を取ってから魔女になったお婆さんだった。 魔女は若返りの薬を欲した。 材料は丁度若返りたい年頃の娘。 薬の効果は流れる歳月と共に薄れ、およそ十年で元に戻る。 主人公の村は十年に一度、森の獣が村を襲わないよう魔法をかけてもらう為、魔女に年頃の娘を捧げていた。 しかし村人達は生贄の娘を魔女の家まで連れて行くのが嫌だった。 足の悪い魔女も、迎えに行くのが嫌だった。 だから生贄の娘に嘘をつき、目の悪い魔女がすぐ分かるよう目立つ色の服を着せて、一人で森に住む魔女の家に向かわせた。 「森に一人で暮らすお婆さんがご病気だから、お見舞いに行っておくれ」 そして、少しでもその本質を誤魔化す為に、生贄の娘の事をそうとは言わず、纏う衣装の名で呼んだ。 「赤ずきん」と。 継母の企みでその年の赤ずきんに選ばれてしまった主人公。 しかし彼女を待っていたのは魔女のお婆さんではなく、魔女を食らってその魔力を得た2匹の狼だった―― 【特設サイト】 http://lllakolll.xxxxxxxx.jp/SacrificeRed/index.html 【概要】 タイトル : 贄の赤ずきん 攻略対象 : 3人 エンド数 : 8 使用ツール : 吉里吉里2/KAG3 画面サイズ : 800×600 動作環境 : Windows2000/XP/Vista/7/8/10 ※個人の環境であり、全ての動作を保障するものではありません。 【特徴】 ・攻略対象3人の内2人は狼の獣耳と尻尾が生えています。  嬉しいと尻尾をパタパタさせたり、耳をぴくぴくと動かします。 ・主人公が飛び跳ねたりすると胸が揺れます。(コンフィグからoff設定可能) 【注意事項】 ・流血表現があります。 ・暴力表現があります。 ・性的な表現があります。 ・カニバリズム的な表現があります。 ・個人の倫理観によっては不適切な表現を過分に含みます。 ・主人公がバカです。 上記の注意事項を十分に確認し、納得の上でプレイするようお願い致します。 等倍で切り出した立ち絵画像をプログラム側で縮小表示させているので、PCのスペックによっては動作が不安定になります。 【宣伝】 R18ダウンロード版頒布中です。 R18パッケージ版は現在在庫切れですが、2016年の夏コミ(C90)にて頒布します。 詳細は制作者のサイトでご確認ください。 【履歴】 2016/06/04 Ver1.04 「体験版ここまで」の文字削除 2016/06/23 Ver1.03 ハッピーエンドに到達できないフラグミス修正 2016/06/22 Ver1.02 エンドリスト解放 2016/06/21 Ver1.01 エンドロール時にエラーが出るバグを修正 2016/06/19 Ver1.00 R15版公開 2015/06/14 Ver0.01 R15体験版公開

商品の発送について
倉庫から発送

BOOTHの倉庫から配送される商品です。入金が確認され次第、発送されます。

自宅から発送

出品者自身が梱包・配送します。「発送までの日数」は、BOOTHでの入金確認が完了してから商品が発送されるまでの予定日数です。
あんしんBOOTHパックで発送予定の商品は、匿名で配送されます。

ダウンロード商品

入金が確認された後に「購入履歴」からいつでもダウンロードできるようになります。

pixivFACTORYから発送

pixivFACTORYが製造・配送する商品です。入金が確認され次第、製造されます。

※完全版はシェアウェアのR18版になります。 フリーのR15版は、R18版からレーティング的に問題がある箇所をカットしております。 シナリオカット、効果音差し替え、スチルにモザイクor白抜き等行っております。 そのため、意味不明になってしまった箇所もございます。 シリアスなシーンにそぐわない音が鳴ります。 気になる方はコンフィグで液体音のボリュームを0にして下さい。 以上のことを不快に感じる方はプレイをご遠慮ください。 【ストーリー】 魔力を得て魔女になると、その歳から成長が止まる。 主人公、リリア(名前変更可)の村の近くの森に住む魔女は、だいぶ歳を取ってから魔女になったお婆さんだった。 魔女は若返りの薬を欲した。 材料は丁度若返りたい年頃の娘。 薬の効果は流れる歳月と共に薄れ、およそ十年で元に戻る。 主人公の村は十年に一度、森の獣が村を襲わないよう魔法をかけてもらう為、魔女に年頃の娘を捧げていた。 しかし村人達は生贄の娘を魔女の家まで連れて行くのが嫌だった。 足の悪い魔女も、迎えに行くのが嫌だった。 だから生贄の娘に嘘をつき、目の悪い魔女がすぐ分かるよう目立つ色の服を着せて、一人で森に住む魔女の家に向かわせた。 「森に一人で暮らすお婆さんがご病気だから、お見舞いに行っておくれ」 そして、少しでもその本質を誤魔化す為に、生贄の娘の事をそうとは言わず、纏う衣装の名で呼んだ。 「赤ずきん」と。 継母の企みでその年の赤ずきんに選ばれてしまった主人公。 しかし彼女を待っていたのは魔女のお婆さんではなく、魔女を食らってその魔力を得た2匹の狼だった―― 【特設サイト】 http://lllakolll.xxxxxxxx.jp/SacrificeRed/index.html 【概要】 タイトル : 贄の赤ずきん 攻略対象 : 3人 エンド数 : 8 使用ツール : 吉里吉里2/KAG3 画面サイズ : 800×600 動作環境 : Windows2000/XP/Vista/7/8/10 ※個人の環境であり、全ての動作を保障するものではありません。 【特徴】 ・攻略対象3人の内2人は狼の獣耳と尻尾が生えています。  嬉しいと尻尾をパタパタさせたり、耳をぴくぴくと動かします。 ・主人公が飛び跳ねたりすると胸が揺れます。(コンフィグからoff設定可能) 【注意事項】 ・流血表現があります。 ・暴力表現があります。 ・性的な表現があります。 ・カニバリズム的な表現があります。 ・個人の倫理観によっては不適切な表現を過分に含みます。 ・主人公がバカです。 上記の注意事項を十分に確認し、納得の上でプレイするようお願い致します。 等倍で切り出した立ち絵画像をプログラム側で縮小表示させているので、PCのスペックによっては動作が不安定になります。 【宣伝】 R18ダウンロード版頒布中です。 R18パッケージ版は現在在庫切れですが、2016年の夏コミ(C90)にて頒布します。 詳細は制作者のサイトでご確認ください。 【履歴】 2016/06/04 Ver1.04 「体験版ここまで」の文字削除 2016/06/23 Ver1.03 ハッピーエンドに到達できないフラグミス修正 2016/06/22 Ver1.02 エンドリスト解放 2016/06/21 Ver1.01 エンドロール時にエラーが出るバグを修正 2016/06/19 Ver1.00 R15版公開 2015/06/14 Ver0.01 R15体験版公開